iPhone SEの液晶パネルの交換作業手順

2016年3月31日に発売したiPhone SEの液晶パネルを交換する方法を紹介します。iPhone SEが発売して一ヶ月近く経ちますね。そろそろフロントパネルを割ってしまった人もいるでしょう。日本語のサイトでiPhone SEのディスプレイの修理方法を 掲載しているサイトがありませんでした。というわけでiFixitさんを参考にしてiPhone SEのフロントパネルの交換方法を解説していきます。

必要なツールとパーツ

iPhone SEはiPhones 5Sと外装の規格がほとんど同じです。液晶パネルもiPhone 5Sのパーツで交換可能です。iFixitにはいろいろ書かれていますが上記リンク先の商品を買えば問題はありません。iPhone 5sは二世代前のモデルなのでパーツが格安で手に入る可能性もあります。暇があれば探してみてください!

 

STEP1

iPhone SEは3.9mmのペンタローブネジが使われています。ペンタローブネジはApple製品独自の特殊なネジの規格です。3.9mmに対応したスクリュードライバーでネジを外しましょう。

1-11.medium

STEP2

付属の吸盤をフロントパネルにつけます。

1-22.medium

次にiPhone SEを固定しながら上方向に引っ張ります。筐体の隙間からオープニング・ツールを差し込みます。あとは梃子の原理でゆっくりと落ち着いて開けていきましょう。リボンケーブルがついているのフロントパネルと本体の分離はまだできません。

1-23.medium

この手順が不安な方は以下のツールを購入すると簡単に開けることができます。iFixit製品のiSclackです。これがあれば吸着力で簡単に開けることができます。

STEP3

iPhone SEのフロントパネルと本体を分離させる前に吸盤を外しておきましょう。ノブを抜くと吸盤が真空状態から解放されます。その後、力任せに引っ張ることなく簡単に吸盤を外すことができます。

nobu

STEP4

ピンセットかスパッジャーでリボンケーブルを除去しましょう。もしケーブルを破損させてしまったらTouch ID機能が二度と使えなくなります。新しいホームボタンのパーツを設置してもダメみたいです。

 

open
ピンセットでリボンケーブルを外す場合
スパッジャー (spudger)でケーブルを外す場合
スパッジャー (spudger)でケーブルを外す場合
open3
このぐらいまで開くようになります。

まだフロントパネルと本体の分離はできません。注意してください。

STEP5

画像の色付きの丸で囲ってある箇所がロジックボードのブランケットを止めているネジだ。対応しているドライバーで慎重に外していこう。

1.7 mm プラスドライバー(赤色)
1.2 mm プラスドライバー(オレンジ色)
1.3 mm プラスドライバー(黄色)
1.7 mm プラスドライバー(緑色)

1-42.medium

STEP6

ネジを外したらピンセットでブランケットを取り除こう。

1-43.medium

STEP7

センサーケーブルとフロントカメラをスパッジャーで取り外します。

iphonese

iphonese

STEP8

スパッジャーでLCDケーブルコネクタを外します。

iphoneseopen

iphoneseopen1

STEP9

スパッジャーでデジタイザーケーブルを外します。

1-52.medium

1-53.medium

STEP10

これでようやくフロントパネルと本体の分離に成功しました。

1-56.medium

STEP11

ホームボタンの部品を取り外していく。まずNo.000の精密ドライバーで赤丸部分のネジを外す。

1-57.medium

 

STEP12

次にホームボタンケーブルを画像のように手前に折り、ホームボタンのブランケットをこの方法で露出させよう。露出させるとブランケット部分にネジが見えるはずだ。

open4

STEP13

ホームボタンのブランケット部分をNo.#000のプラスドライバーで赤い丸で囲ってある部分のネジを外す。ネジのサイズは1.4mm。

1-65.medium

STEP14

ホームボタンのブランケット部分をピンセットで外しましょう。

1-66.medium

STEP15

ホームボタンケーブルの底面にスパッジャーを差し込みます。

 

 

1-67.medium

フロントパネルからホームボタンケーブルをスパッジャーで慎重に分離させていこう。
1-68.medium

STEP16

フロントパネル側からホームボタンの左の角を指で押す。

open5

 

STEP17

スパッジャーでホームボタンを慎重に剥がそう。

1-75.medium 1-76.medium

STEP18

フロントパネルからホームボタンの分離に成功しました。

1-79.medium

STEP19

これでフロントパネルと本体の分離が完了しました。後は購入したフロントパネルを嵌め込んでいくだけです。今までしてきた作業を逆方向でしていきます。それが終わればiPhone SEのフロントパネルの修理が完了します。

1-80.medium

参考になりましたか?もしくは自分には難しいと思いましたか?難しいと思った方は業者さんに頼みましょう。そもそもiPhoneの液晶を壊さなければ修理する必要はありません。僕は保護フィルムを貼ることをお勧めします!

転載元:iPhone SE Display Assembly Replacement