Arduinoエントリーキットの全内包物(互換キットとの比較も)

様々なArduino。

スイッチサイエンスがArduinoのエントリーキットを販売しています。Arduino単体は3000円程度ですが、電子部品は何もついてきません。Arduinoと電子部品を組み合わせて販売しているのが以下のエントリーキットです。4300円で販売していますね。

さっそく中身を開けてみましょう。

IMG_0002

中身一覧
中身一覧

ちょっと少ないように感じるかもしれませんが、Arduino単体で3000円します。1000円程度の電子部品を加えただけですので過度の期待は禁物です。

  • Arduino Uno R3(マイコンボード) 1個
  • 堅いジャンパワイヤ 1セット
  • 柔らかいジャンパワイヤ10本セット 1セット
  • 1kオーム抵抗(茶黒赤金) 3本
  • 330オーム抵抗(橙橙茶金) 1本 「Prototyping Lab」P.106
  • 10kオーム抵抗(茶黒橙金) 2本
  • 270オーム抵抗(赤紫茶金) 1本
  • ブレッドボード 1個
  • USBケーブル 1本
  • LED 3個(3種類)
  • タクトスイッチ 1個
  • CdSセル 1個
  • MOS-FET 1個
  • ダイオード 1本
  • ガイドシート 1枚 写真、説明

以上になります。

IMG_0001
Arduino Unoが付いてきます。

一方で互換キットというものがあります。Arduinoはオープンソースのハードウェアです。インターネットを使えば誰でも仕様を見ることができます。つまり、他社がArduinoと似たような機能を持った製品を作り出せるということです。Arduino互換ボードと呼ばれています。値段は300円〜3000円と製品によって異なります。基本的にはオリジナルより安く売られていることがほとんどです。

様々なArduino。
様々なArduino。Arduino、サインスマート製、Osoyoo製。

価格も違えば品質もそれぞれ異なります。amazonのレビューを見ると安かろう悪かろうと思ってしまうかもしれません。ただし、値段は本家のキットより安いのでリスクを覚悟で購入してみるのはいいかもしれません。それに互換キットは様々な電子部品が付属してきます。遊び道具が増えるのは悪い事ではありません。

箱の中にギッシリ詰まっている。
箱の中にギッシリ詰まっている。
  • Arduino R3 互換ボード 1個
  • CMOS-IC 74HC595 シフトレジスター 1個
  • 1602 16×2 LCD キャラクタ ディスプレイ 1個
  • 4桁LEDデジタル表示管 1個
  • 1桁LEDデジタル表示管 1個
  • LED 4色24個
  • タクトスイッチ 10個
  • 温度センサー 1個
  • 傾斜センサー 1個
  • ステッピングモーター&ドライバ  1セット
  • マイクロサーボ  1個
  • DC5V ブザー 1個
  • 赤外線リモコン  1個
  • 赤外線レシーバー 1個
  • 光センサー 6個
  • 10KΩ可変抵抗器 3個
  • 200オーム抵抗 20本
  • 1Kオーム抵抗  20本
  • 10Kオーム抵抗  20本
  • 1Mオーム抵抗 5本
  • USBケーブル 1本
  • 10cm ジャンパワイヤ(オス~オス) 40本
  • 20ピン 20cm ジャンパワイヤ(オス~オス) 1本
  • 4ピン 20cm ジャンパワイヤ(メス~メス) 2本
  • 8ピン 20cm  ジャンパワイヤ(メス~メス) 1本
  • ブレッドボード 1個

比較にならないくらい多くの電子備品が付属していることがわかるとおもいます。そしてArudino互換ボードはオリジナルと比べるとやや薄汚れた印象を受けます。

IMG_0012

IMG_0013

パソコンとつなげてみてLEDを光らせてみました。

特に問題ありませんね。シリアル通信が若干不安定というレビューがありましたがそちらはまだ確認していません。使い続けていくうちにオリジナルとの違いがわかってくるかもしれません。安価な互換機はマイコン部分がCH340Gが使われていることが多いですが(更に安い互換機はCH340Gの偽物なんてものも!)こちらは本家Arduino UNOと同じくマイコン部分はATmega328を使用しています。安物の割にしっかりした仕事をしてくれると思います。ちなみにマイコンが異なるとドライバーをインストールしたり、余計な手間がかかることが多いです・・・。

ちなみにサインスマート製の互換ボードは本家より出来が良いという評判です。そちらもLED点灯だけは確認しました。それにお値段も1800円となかなか高い値段です。互換ボードの多くが1000円以下の価格帯で販売しているのと比べるとかなり強気です。電子パーツの類が揃っているのでしたらサインスマート製の互換ボードでもいいかもしれません。