Arduinoを組み込んだエレキギター

Arduinoをエレキギターに組み込んでユニークなサウンドを作っています。見た目もなかなかユニークですね。詳細は不明ですが、どうやらドイツ人の学生が作った作品のようです。自作楽器の世界はおもしろいですね。

例えばギターを傾けるとゆるやかにワウがかかるようにしています。

arduinoギター

arduinoギター

Bluetoothモジュールが内蔵されています。

bluetoothモジュール

形状から察するところBlueSMiRF Silverと思われます。

arduino-uno

Arduino Unoが内蔵されています。

 

Arudunoギターのスイッチ類
スイッチやノブ

スイッチ類はArduinoをオンにするために使用します。ノブ類は通常のエレキギターと同じボリュームとトーンを調整するためにあります。

タッチセンサー
タッチセンサー
Arduinoギター背面
Arduinoギター背面
Arduinoギター背面
Arduinoギター背面

三軸加速度センサーが内蔵されています。エレキギターを傾けるとセンサーが反応します。出力した値はMIDIに変換されているようです。3軸加速度センサー

動画の2:15秒から演奏がはじまります。OS Xの無料DAWのGaragebandを使って実験しています。足元にはギターペダルやMIDIフットペダルなどはありません。エレキギターを動かしたり、タッチセンサーを操作することで MIDIの値が操作されています。まるで幽霊がペダルのノブを動かしているようです。

garageband

興味がある方はぜひ動画を見てみてください。