ロボット・オーケストラでNirvanaの名曲「Smelles Like Teen Spirit」をカヴァー。

thefloppotron

スクラップ寸前の古いコンピュータ関連機器類を手にいれたら何をしますか?古ぼけたエレキギターならばカート・コベインのようにロックスターになりたいと思うかもしれません。ゴミのような機器類を渡されても途方にくれるだけでしょう。しかし、あきらめるのはまだはやいです。

64個のフロッピードライブと8個のハードディスクと二個のスキャナーを駆使すればニルヴァーナの名曲『Smelles Like Teen Spirit』をカヴァーだってできるのです・・・!まさにナード精神の鏡のような存在です!男の名はPawel Zadrozniak氏。バンド名はThe Floppotron。実は曲名もすこし変えています。『Smells Like Nard Spirit』ナードスピリッツのような臭い、になっています。HDDの駆動力であるステッピングモーターの回転数を調整することで音程を変えているみたいです。

ロボット・オーケストラは、ATmega16マイコンなど様々な電子部品を組み上げて制御しているそうですが、Arduino Uno (ATmega328系ファームウェア) とL298 breakoutで組み上げたほうが簡単らしいです。演奏データはWindowsのマシンから送っているそうですが、スマートフォンやRaspberry Piなどから送信しても良いかもしれないと述べています。

ソース:LISTEN TO A COMPUTER HARDWARE ORCHESTRA ROCK OUT TO NIRVANA