コインサイズのRaspberry Piクローンが登場!

先日、四方4センチの世界最小Linuxシングルボードコンピュータ「Nano Pi」が発売したと報じましたが、今度は世界最小のRaspberry Piクローンが登場しました。サイズは更に小さく2.4センチ×2.4センチです。ちなみに十円玉の直径が約2.3センチです。といってもキャリアボードが必要になるので実質的なサイズは3.6センチ×3.6センチになります。もちろんそれでも十分小さいです。デモ映像ではRaspberry Pi専用OS「Raspbian」が動作しています。

開発はArduCAMチームです。現在開発中で発売はまだ先のようですがある程度の仕様は判明しているようです。

1

ほんとうに小さいですね。下記画像がキャリアボードです。キャリアボード側にmicroUSB端子×2とHDMI端子が搭載されています。

キャリアボード表
キャリアボード表
キャリアボード裏面
キャリアボード裏面
左から、Raspberry piのモジュール版、Arducam製のラズパイクローン、Raspberry Pi Zero
左から、Raspberry piのモジュール版、Arducam製のラズパイクローン、Raspberry Pi Zero

 

カメラモジュールを接続した状態。
カメラモジュールを接続した状態。

 

以下が仕様になります。

  • プロセッサー(via ArduCam COM) — Broadcom BCM2835 (1x ARM11 @ 700MHz); Broadcom Videocore IV GPU
  • メモリ(via ArduCam COM) — 256MB or 512MB LPDDR2 RAM
  • ストレージ — microSD slot
  • インターフェイス:
  • ・2x micro-USB ports (1x power only)
  • ・1x (UC-343) or 2x (UC-366) MIPI-CSI connectors supporting 5- or 8-megapixel “Pi cameras” with dual-display/stereovision support
  • ・A/V output header
  • 拡張性
  • ・UC-343 — 16-pin and 8-pin headers (unpopulated) with GPIOs, 1x I2C, UART, 2x SPI
  • ・UC-366 — 24-pin header (unpopulated) with GPIOs, UART, 2x SPI
  • 電源 — 5V via micro-USB or battery header; power LED
  • サイズ — 36 x 36mm (24 x 24mm for COM)
  • 重量 — 10 grams

 

ソフトウェアに関する詳しい声明はありませんが、デモ映像ではRaspberry Pi専用のOS「Raspbian」で動作しています。カメラモジュールの動作確認、Youtubeの再生、マインクラフトをプレイしています。

 

興味がある方はここで注文を受け付ける予定のようです。ArduCAMの開発ブログやECサイトをチェックしつつ気長に待ちましょう。

 

Source:Coin-sized COM could be world’s smallest Raspberry Pi clone

24 x 24mm Coin Size Raspberry Pi Compatible Board

ArduCAM has designed a Tiny Coin-Sized Raspberry Pi Compatible Module