ラズパイ製の水泳が体感出来るゲーム!『オリンピック・スイミング・シミュレータ』

リオ・オリンピック2016は見ていますか?水泳選手のドーピング問題が騒がれていますが、クーラーが効いた快適な部屋で水泳をしてみたいと思ったことはありませんか? Raspberry Piで水泳を体感できるゲームを作った人がいました。制作者はMike Cookさん。若い頃は大学で物理学の講師を務めたりしたこともあったそうです。現在はケーブルテレビ関連の会社でハードウェアエンジニアの管理職として勤めてるそうです。

下記の装置が体感装置の要です。

front

ラズパイに装着してディスプレイにも接続しました。

raspberrypi

それではゲームをやってみましょう。

え・・・何が体感ゲームなの・・・?ひょっとしてクソゲー・・・?いいえ、それは次の動画を見てからいいましょう。

画面の前で腕を動かしているおじさんがいます。腕の動きに連動して選手が泳いでいるのがわかるでしょうか?ラズパイに仕組んだセンサが腕の動きを感知しているわけです。でも、ゲーム性は・・・?やっぱりクソゲーじゃん!!!ツッコミは心に秘めておきましょう。

作者曰くRaspberry Pi専門の雑誌『The MagPi』の48号に掲載している作品らしいです。ちなみにこの雑誌はPDF版はフリーです。興味がある方はリンク先からダウンロードしてみましょう。設計からコーディングまでしっかり全部紹介されていますよ!

ソース:Raspberry Pi Olympic swimming