ゲームボーイでドローンを動かしてみた。

ゲームボーイでドローンを動かしていた人がいました。製作者はフランスの国立民間航空学院で准教授を勤めているGautier Hattenbergerさん。専門は航空力学と無人航空機(ドローン)です。

自分の生家で古いゲームボーイを見つけたときに「ゲームボーイでドローンを飛ばすことが出来ないか?」と考えたことが切っ掛けになり、ゲームボーイでドローンを飛ばすことは普通の発想じゃないし、出来そうだったので作ってみたそうです。

cont-by-gameboy
ゲームボーイでドローンが操作されている。

一体どうやってゲームボーイとドローンを接続しているのか?改造したゲームボーイはArduino Nanoと接続されています。そこからFTDIを通じてゲームリンクの信号がUSBに変換されて送られます。そしてラップトップで起動中のGround Stationのプログラムが信号を変換し、ドローンを動かしているそうです。

wiring

ground-station
Ground Station上のプログラム

操作方法はシンプルです。Aボタンが上昇、Bボタンが下降、十字キーは方向でドローンを操作することができます。ちなみに彼が仕様しているドローンはParrot ARDrone 2.0です。日本でも購入可能です。

このプロジェクトのソースはGitHubで公開されています。興味がある方はぜひ見てみてください!

GitHub:PPRZonGB

 

元記事:DRONES VS. RETRO-GAMING: FLY WITH A GAME BOY CLASSIC