Arduinoと液晶モニタで作るミニゲームの作り方

Arduinoと小さい液晶モニタで作るミニゲームの作り方がQiitaに公開されていました。Arduinoを使った電子工作でゲームを作る方は国外にはたくさんいますが、日本語の記事は貴重です。

ゲームのジャンルは落ちものゲームでした。

使用材料

  • Arduino UNO R3 (開発とArduinoライタとして)
  • ATMEGA328P(秋月で250円)
  • カラー液晶 128×128 ICはST7735(ebayで300円)
  • 16MHzセラロック(秋月で35円)
  • ユニバーサル基板(秋月で60円)
  • タクトスイッチ(秋月で1個10円)
  • ICソケット
  • ロジックレベルコンバーター(ebayで2個100円程度)

純粋な材料費は1000円札でお釣りが戻ってくる程度のようです。開発用のArduinoを含めると計4000円程度です。

ちなみに製作者はモノクロ液晶でキーチェーンゲーム風の作品も製作しています。もちろんこちらもQiitaで作り方が公開されています。

Arduino + モノクロ液晶でゲームを作る

ちなみにテトリスを自作している方はたくさんいます。その他にも自作したものを公開するサイトinstructablesで検索すると自作している人たちがたくさんいますが、日本語の情報はとても少ないです。

Play Tetris Game with Arduino

fju27ewiheqeu6j-animated-medium

自作に興味が出てきた方はぜひ作ってみてください。また自分自身の手で作ってみることの楽しさに気づきたい方はArduino初心者キットを購入し電子工作をはじめましょう。

元記事:Arduino + カラー液晶で落ち物ゲームを作る

Arduino + モノクロ液晶でゲームを作る