Raspberry Pi Zeroが日本未発売の理由を調べてみました。

イギリス製の教育用シングルボードコンピュータのRaspberry Piのラインナップに一枚5ドルのRaspberry Pi Zeroがあります。残念ながら日本では未発売です。PSEや技適関係の問題かな?と思っていましたが、ラズベリーパイの正規代理店ショップの一つであるRaspberry Pi Shop by KSY さんにメールで伺ってみたら理由が判明しました。

Pi Zeroに付きましては、製品発表は行われていますが、メーカー(ラズベリーパ
イ財団)の意向で、まだ日本では「未発売」となっています。生産数の関係など
で、一部の地域のみでの「発売」となっています。

今後の国内発売に付いても現段階では未定となっております。

以上、よろしくお願いします。

5ドルでは代理店が利益が出ないから販売されないという噂もありましたが、真相はRaspberry Pi Zeroの生産数が少ないため一部地域でしか販売していないでした。

入手したい方は個人輸入をしましょう。もしくは非正規代理店がamazonで勝手に売っているRaspberry Pi Zeroを購入しましょう。一時期1枚5,000円と暴利を貪っていましたが、最近は値段が落ち着いてきていて3,000円前後になってきています。現在の最安値は2800円のようですね。個人的には欲しい人同士で輸入するのが一番安くて素早く手に入りそうな気がします。Raspberry Pi Zeroは1人1枚の購入制限があるので人海戦術を使えば使うほど多くの枚数が手に入ります。友人100人集めて100枚ラズパイゼロを買おう!ちなみにadafruitPimoroniというECサイトから購入可能です。

追記

2017年第1四半期にRaspberry Pi Zeroが日本で発売するそうです。製造工場はSonyの工場にOEMを頼むそうです。おまけにRaspberry Pi財団が発行する英文の月刊誌「MagPi」の日本版も登場するそうです。こちらもおそらく本家と同じく最新版は無料配信される予定だとか。