生物学者のガールフレンドのためにDNAランプを製作!Arduino NanoやフルカラーLEDなどで自作!

生物学者のガールフレンドのためにDNAランプを製作した方がいました。DNAの形がした模型が花瓶の中に入っています。それに光り輝いています。Arduino NanoやフルカラーLEDなどで自作してみたそうです。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab1

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab3

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab2

製作材料

  • Arduino nano
  • 5mmのフルカラーLED6個 (ネオピクセルLEDを使えば良かったとも)
  • 5ボルトのULN2003ドライバーのアクチュエーターで動作するステッピングモーター。
  • 電話用のパワーサプライ
  • DNAの模型は、エポキシ樹脂、プラスチックの筒、銅製のパイプを捻ったもので作った。それをガ
  • ラス製の花瓶に入れた。

ちなみにDNAは左巻きが正しい見方だそうですが、面白いけど製作者は僕は生物学者じゃないし(Interesting! Thanks. This is why I’m not the biologist.)・・・とスルーしていました。ホラームービのマッドサイエンティストの研究室に出てきそうなガジェットは恐ろしげもあり、かっこよくもあります。恋人が生物学者でなければ破局の原因になってしまうかもしれません(笑)

 

興味がある方はぜひArduino NanoやフルカラーLEDを購入して製作してみてください!その他の材料もホームセンターで揃うと思います。楽しいですよ!

元記事:I made a DNA lamp for my biologist girlfriend