STAGE BENCHはArduinoベースのMIDIコントローラテーブル

STAGE BENCHは彼らの情熱を掛け合わせたMIDIデバイスだ。ドイツのマインツ応用科学大学の学生 Manuel Lukasさんとケルン音楽大学の学生Sascha Lukasさんの2人による作品だ。通常のMIDIコントローラより遥かに大きいものだが、オーディエンスへの訴求力はより高まった作品のように思える。Arduino Unoと木机とLEDとボタンスイッチを128個ずつ碁盤状に組み合わせた様子は壮観だ。

STEGE BENCHの内部

STEGE BENCHとコンピュータとの接続はシリアル通信で管理されていて、ビジュアルプログラミング言語であるMAX/ MSPでプログラミングされたパッチにも対応している。また楽器やサンプラーを演奏するために特定のDAWにMIDIデータを送信することも可能だ。

彼らはWyomingというジャーマンポップバンドを組んでいる。以下の動画はWyomingの演奏動画だ。もちろんSTAGE BENCHを利用した演奏だ。興味がある方は覗いてみてはいかがだろうか。

元記事:STAGE BENCH IS AN ARDUINO-BASED LIVE CONTROLLER TABLE