デジタルサイネージとして利用されるRaspberry Pi

イギリスのシングルボードコンピュータRaspberry Piは教育用コンピュータですが、売り上げの約半分は産業用途としても使用されているそうです。デジタルサイネージなどのシステム部分としてRaspberry Piが採用されているそうです。

Eben氏(以下、Eben): Raspberry Piは、2016年10月末までの1年間で400万台売れましたが、そのうちの200万台が産業用に使われています。これは非常に興味深い動きです。

~中略~

最近ではよく使われるのがデジタルサイネージです。ポルトガルの郵便局が彼らのデジタルサイネージに使ってくださっています。それからしばしばあるのが放送局です。彼らのテレビスタジオの中でその時の時間ですとか、ステータスとかをモニターするための装置としてRaspberry Piを使ってくださっています。

産業用にも広がるRaspberry Pi、開発者Eben Upton氏 来日インタビュー

記事中ではポルトガルの郵便局のデジタルサイネージにRaspberry Piが採用されているそうですが、世界中の至る所でデジタルサイネージのシステムをRaspberry Piで組むことが多くなってきているようです。例えば、ディズニーランドと対をなすエンターテイメント施設「ユニバーサルスタジオ」のハリーポッター・ワールドのデジタルサイネージにRaspberry Piが使われています。

 

気づいていないだけで意外と身近にあるデジタルサイネージのシステムもRaspberry Piだったりするかもしれませんね。