火炎放射ロボットを作ってみた。

Arudinoや3Dプリント、それにちょっとしたアイデアがあればハンドメイドで危ないロボットも作ることもできます。 flamethrower bot(火炎放射ボット)を製作したのはJillian Ogleさん。サンフランシスコ在住のメイカーです。

子供の人形とロボットがあります。

出典:https://www.instagram.com/p/BRYjPnXgdTD/

コントローラで指示を与えます。

出典:https://twitter.com/letsjill/status/839257750014062592

非情にも子供の人形に火炎放射器が無慈悲な攻撃をします。

出典:https://www.instagram.com/p/BRYjPnXgdTD/

燃える子供の人形。

出典:https://www.instagram.com/p/BRYjPnXgdTD/

慌てて子供の人形の火を消す製作者。

出典:https://www.instagram.com/p/BRYjPnXgdTD/

なぜ子供の人形を作ったのでしょうか。プラモデルでもよかったのに・・・・。兵器の残酷さを伝えるためでしょうか。しかし、庭にこんなやつがウヨウヨしていたら、泥棒は怖くて入ってこれません。防犯目的に作ったらすてきかもしれませんね。

興味がある方はバーナーを購入して、Arduinoで火炎放射ロボットを作ってみてはいかがでしょうか?