僅か9ドルのIoT開発デバイス「Orange Pi 2G-IoT 」

僅か9ドルのIoT開発デバイス「Orange Pi 2G-IoT 」がAliExpressから購入可能です。

Orange piは2G/GSMの通信規格をサポートしている安価なIoTデバイスです。BluetoothやWi-Fiの通信規格にも対応しています。

Orange PiはARM 1GHz Cortex-A5 32bit プロセッサーとVivante GC860 256MB RAMのグラフィックスボードを搭載しています。GSM/GPRS通信用のSIMカードスロットが付属、Wi-Fiは802.11b/g/nの規格に、Bluetoothのバージョンは2.1です。それにGPIOはRaspberry Piと互換性のあるピンが40本あります。

対応OSはAndroid,Ubuntu,Debian,もちろんRaspbeanにも対応してあります。

以下がOrange Piの仕様です。

  • プロセッサ– RDA Micro 8810PL ARM Cortex A5 processor @ up to 1.0 GHz with 2Gbit (256 MB) on-chip LPDDR2 RAM, 4Gbit (512 MB) on-chip SLC NAND flash , 256KB L2 cache, Vivante GC860 3D GPU, and GSM/GPRS/EDGE Modem (Download datasheet)
  • 外部ストレージ – micro SD slot
  • ディスプレイ I/F – LCD connector up to qHD resolution
  • ビデオ – Decoding up to 1080p30, encoding up to 1080p30 H.264
  • オーディオ I/F – 3.5mm audio +FM jack, built-in microphone?
  • 通信規格 – WiFi 802.11 b/g/n + Bluetooth 2.1/EDR module (RDA5991), and 2G GSM/GPRS/EDGE module with SIM card slot
  • カメラ – MIPI CSI-2 connector for camera sensor up to 2MP
  • USB – 1x USB host port, 1x micro USB OTG port
  • 拡張性 – 40-pin GPIO header with SPI, I2C, ADC, GPIOs, PWM, etc…
  • 低レベル周辺機器– 3x pin UART for serial console
  • Misc – 8 selection jumpers, power button, boot selection header
  • 電源 – 5V via micro USB port; optional battery
  • サイズ – 68 x 42 mm
  • 証明書 – CE and FCC (if we can believe the markings on the PCB silkscreen)

いかがでしょうか?Raspberry Pi-Zero-Wのライバル機種になるかもしれないシングルボードコンピュターです。興味がある方はアリエクスプレスから注文してみましょう。もちろん技適は未取得の商品です。日本国内の使用は自己責任でお願いします。

元記事:Orange Pi 2G-IoT ARM Linux Development Board with 2G/GSM Support is Up for Sale for $9.90