3Dプリンターを改造して作ったロボットドローイングマシン

Arduinoと組み立て式の3Dプリンターを改造して作ったロボットドローイングマシンを作った人がいました。描いているのはスターウォーズの雑魚キャラ「StormTrooper」です!

だいたい約一時間で描き終わるそうです。このStromTrooperの絵は12インチ*12インチ(30.48センチ*30.48センチ)ですが、理論的には20インチ*20インチの絵まで描けるそうです。

解説動画では技術的な解説も豊富です。下記画像では元画像からハーフトーンにするためのアルゴリズムの解説をしています。

動画では部品や作り方、プログラミングコードなど全て解説付きで公開してくれています。部品の一部は3Dプリンターで生成もしているようです。興味のある方は動画を見て自分でも真似してみよう!

 

 

 

Maker is You!はPR記事を募集しています。PRしてほしいハードウェア、ソフトウェア、商材や商品がありましたら、ご連絡ください。詳細はこちらのリンク先からです。