ラズベリー・パイ3を茹でてみた

Raspberry Pi3を茹でてみたそうです。月刊Interface 2018年3月号の特集「ラズパイの限界に挑戦」で惜しくも付録DVDに未収録となった動画を特別にYouTubeで公開しているそうです。

ラズパイ3の裏側に養生テープを貼って保護します。更に釣り用の重りも貼り付けます。

そしてジップロックで二重に包み封印。そして水が入ったお鍋の中に投入します。

加熱する前に負荷をかけるコマンドをかけます。そしたら、加熱する前に関わらず80度を超えてしまったそうです・・・。

加熱していくうちにCPUクロックが下がり、0.3GHzまで下がり、CPUの温度が90度を超えても、ラズパイ3は動作しました。沸騰する頃にはCPUの温度は120度を超えてしまいましたが、それでもラズパイ3は動作していたそうです。

そのほかにも色々とラズパイの限界に挑んでいるそうなので気になる方はインターフェース3月号を買って見てください。