Arduinoのはじめかた

arduino

Arduinoのチュートリアルです。レベルは電気やプログラミングの知識がない方向けに執筆しています。

Arduinoとは?

Arduino はインタラクティブなものを作るためのオープンソース・フィジカルコンピューティング・プラット・フォームです ・・・とカタカナ語を並べられてもさっぱりわかりませんよね。まず、インタラクティブとは相互作用的なという意味です。あなたがページを見るために使用しているパソコンやスマートフォンはインタラクティブなコンピュータです。キーボードを押すと画面が変わりますよね?あなたの動作でディスプレイの表示が変わり、表示を見たあなたは別の動作をするかしないか決断させられるでしょう。これが相互作用的という意味です。次にオープンソースです。決して醤油やマスタードのことではありません。自由や無料を掛け合わせた言葉と思ってください。世の中には著作権という厄介な概念があります。オープンソースは人類の知識や英知を独占せず、多くの人たちで共有するという思想です。公開された知識は誰でもどこでも自由に閲覧できます。そして、それらをつくって何かを創造してみてもいいのです。ただし、商用利用についてはややルールが複雑です。興味がある方は調べてみましょう。次にフィジカルコンピューティングの説明です。Googleで検索してみたら良い説明がありました。引用します。

「フィジカル・コンピューティング」とはニューヨーク大学から始まった教育プログラム,研究指針です。

既存のパーソナル・コンピュータのグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(ウインドウ,マウス,アイコンなど)を超えて,私たちの生活環境によりそった身体的なコンピュータのあり方を模索する研究の動向を言い表しています。

フィジカルコンピューティング(Physical Computing)はエレクトロニクスを使ってデザイナーやアーティストのために新しい素材を生み出します。

そのためにはセンサとアクチュエータを通じて人間と意思疎通する物体(インタラクティブオブジェクト)をデザインすることが必要です。マイクロコントローラ(マイコン)の中で動作するソフトウェアがその物体をコントロールすることになるでしょう。マイコンは1つのチップに集約された小さなコンピュータです。

過去においては、エレクトロニクスを用いることは技術者を雇ってたくさんの小さな部品から電子回路を組み立てることを意味し、使われるツールも多くは技術者専用で大量の知識を必要としました。それではクリエイティブな人々が直接モノをいじって遊ぶことができません。しかし、近年、マイコンが安くなり簡単に使えるようになったおかげで、使い勝手の良いツールが作れるようになってきました。

はてなキーワード「フィジカル・コンピューティング」

つまり、昔はとてもむずかしくて扱い難い代物だったのが、手軽に扱えるようになったということです。そして、あなた1人がいれば製品を作れてしまう可能性を示唆しています。最後にプラットフォームの意味は「土台」「基礎的部分」という意味です。お分かりでしょうか?Arduinoはあなたの創造力を活かすための基本的な部分になってくれるのです。作品例は当サイトの記事でたくさん扱っています。どんなものが作れるのか参考になるかもしれません。英語が苦手でなければinstructablesというサイトにユニークな作品がたくさんあります。おもしろいですよ!

まずはArduinoスターターキットを購入してみましょう!

 

Arduinoをはじめる